So-net無料ブログ作成

サマーレスキュー ロケ地 10話 [サマーレスキュー ロケ地 10話]

サマーレスキュー~天空の診療所~ 第9話は観ましたか^^
視聴率の方は、第9話も9.4%となかなか二ケタ台に届きませんでしたね^^;

このドラマもいよいよ最終回!
それぞれにどんな結末待っているのか!

次回、9月23日放送分・第10話(最終回)のあらすじと
視聴率の推移を後半で紹介しますので、是非ご覧下さい!


『主題歌:「輝く月のように」 Superfly』





☆【視聴率の推移】☆

  第1話:14.7%
  第2話:11.6%
  第3話:10.1%
  第4話: 6.8%
  第5話:10.4%
  第6話: 9.0%
  第7話: 9.5%
  第8話: 9.1%
  第9話: 9.4%




【あらすじ】

9月23日放送分(第10話)

速水(向井理)や倉木(時任三郎)の懸命の治療で、
小山(笹野高史)は一命を取り留める。

数日後、速水は閉鎖が翌日に迫った山の診療所に向かう。

到着早々、沢で滑落した登山客3人が運び込まれてきた。
最後の患者になるであろう3人に、速水らは手分けして治療に当たる。

治療後、速水は倉木から大学病院を辞めたと打ち明けられて驚く。

そんな速水らの前に、閉鎖を見届けるために沢口(松重豊)も山を登ってきた。
遥(尾野真千子)は、小山が大切に保管していた亡母・則子(上村愛香)の日記を
倉木と沢口に読ませる。



『「サマーレスキュー~天空の診療所~」オリジナル・サウンドトラック』






http://www.tbs.co.jp/summerrescue/
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。