So-net無料ブログ作成
南極大陸 あらすじ 第6話 ブログトップ

南極大陸 あらすじ 第6話 [南極大陸 あらすじ 第6話]

南極大陸 ご覧になってますか?
まさかの視聴率急落ですね^^;

一部でキムタク色が強く出過ぎて居て
南極物語のドラマ自体を見たいと思ってる人達が離れて来ているのではと・・・。
製作側も頭抱えているところでしょうね。


【チョット画像が暗すぎて見にくいですが・・・】






【あらすじ】 11月20日放送分(第6話)

倉持(木村拓哉)らが遭難して4日がたった。
氷室(堺雅人)と犬塚(山本裕典)を励ます倉持の体力も限界に近づく。
頼みの綱は、氷原に放ったタロら3頭の犬だけだ。

しかし、雪上車で倉持らを捜していた内海(緒形直人)は、
コンパスが狂っていることに気付き、がくぜんとする。

その後、第二次観測隊を乗せた「宗谷」が日本を出発。
南極到着まであとわずかという時に氷で身動きが取れなくなり、
白崎(柴田恭兵)は苦渋の選択を迫られる。



http://www.tbs.co.jp/nankyokutairiku/
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
南極大陸 あらすじ 第6話 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。