So-net無料ブログ作成
謎解きはディナーのあとで あらすじ 第6話 ブログトップ

謎解きはディナーのあとで あらすじ 第6話 [謎解きはディナーのあとで あらすじ 第6話]

謎解きはディナーのあとで ご覧になってますか?
とにかく単純に面白いですよね。
出演者のやり取りも軽快だしね^^



【めちゃめちゃ売れてるみたいですね。書き込みも凄い勢いで】





【あらすじ】 11月22日放送分(第6話)

藤倉ホテルの創業者一族が住む屋敷のバラ園で、
藤倉家長男・俊夫(山中崇)の恋人・恭子(山口あゆみ)の遺体が発見される。

麗子(北川景子)は、「国立七不思議」の1つで、
藤倉家に伝わる「紅バラのたたり」について話を聞く。

明治時代、藤倉家の長男と恋をしたメードの紅子がバラ園で自殺をして以来、
バラ園に手を出した者には災いが降り掛かるのだという。
実は、影山(櫻井翔)は「国立七不思議」の謎を解くのが夢だった。





http://www.fujitv.co.jp/nazotoki/index.html
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
謎解きはディナーのあとで あらすじ 第6話 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。